2013年5月5日日曜日

町の青年会


高校(1 年生)時代の交換日記から

Sam: 1951 年 9 月 4 日(火)晴れ

 国語はきょうから Ted が好きな言葉の作り主(注 1)の日記抄に入る。彼の十八、九歳頃のものである。

 クラブ活動を終えると、取る物も取りあえず、Funny の待っている兼六園コートへ駆けつけた。とうとう手のひらがカチャカチャになった。親指には包帯を巻いて頑張った。試合をしたが思わしくなかった。
 八時から町の青年会の会合に行かなければならなかった。まず、会長の話があり、講和後における青年会の重要性、二大勢力の対立など。青年会の会費は十八歳以上が三十円、十八歳以下が十円、被雇用者および学生は無料ということである(注 2)。図書貸し出しもするそうで、五日間が五円だそうだ。しかし、読みたいと思うような本はない。何一つない。
引用時の注
  1. ラルフ・ウォルドー・エマーソン。私は "Every man I meet is my master in some point, and in that I learn of him. (私の出会う人は誰でも、何らかの点で私の先生であり、私はその点においてその人から学ぶ。)"(エマーソン全集、第8巻「偉大さ」第X章——最初、日本語版『リーダーズ・ダイジェスト』誌あたりで知ったと思う。原文と出典は 2006 年になって初めて知った。——)という彼の言葉を好むということを、交換日記のごく初めに書いたのである。
  2. 「被雇用者および学生は無料」といえば、会費を払う青年はほとんど皆無になりそうだが、「雇用」に狭い意味が設けられていたのだろうか。

0 件のコメント: