2013年6月23日日曜日

Twelve は科学書を読む楽しみについて書く


高校(1 年生)時代の交換日記から

Ted: 1951 年 10 月 17 日(水)晴れ

 Yotch は三項目の理由をしたためたホームルーム委員の辞表を提出し、辞任の承認を得るために署名を求めて回った。2/3 を超える 28 名にあと 2 名といって、まだ粘っている。生徒会会則第二十九条には「辞任するときはホームルーム会の承認を必要とする」としか書かれていないのを知らないのだろうか。
 Twelve と国語乙の宿題を見せ合う。彼は科学書を読む楽しみと、科学者独特の探求的な、真と深(などという言葉は使っていなかったが)に満ちた文に接する喜びをうまくまとめていた。(注 1)
引用時の注
  1. ここにふれた Yotch と Twelve の二人は、後年、奇しくも同じ会社に勤務した。のちに子会社の社長も勤めて、いま世話好きである Yotch が、このときなぜホームルーム委員を辞任したのか不思議である。ここで第 9 冊目の日記帳が終り、この日に Sam とノートを交換している。Sam の日記は 10 月 11 日から 6 日間途切れていたが、この日から再開される。

0 件のコメント: