2013年8月17日土曜日

『原爆の子』と『赤と黒』


高校(1 年生)時代の交換日記から

Ted: 1951 年 11 月 23 日(金)雨、24 日(土)晴れ、午後雨

 また、大変なことを始めた。新しく始めることは、いつも、細かくて煩雑なことばかりだ。しかし、何をするといっても、いまのわれわれには「完成したもの」は出来ない。あるところまで整っても、それは一点の非の打ち所もないものとはいえない。だから、これも、出来るだけやって行こう。

 『原爆の子』と『赤と黒』、どちらを先に読もうか。前者は、長い序を読み終わって、児童たちのいたいけな回顧と叫びである文を五つ六つ読んだばかりだ。昨夜はどちらも開くことが出来なかった。教科書類にも時間割を揃えるときしか触れなかった。

 一限の始まる前、二限、三限、それぞれの時間に軽い失策を一つずつする。四限は、各クラブを回り歩いて、変動を調べた。

 第三問:動物・うどんの好きな人
1 水の江さんに関係ある?
2 舞台に出る?
3 人間?
4 状態?
5 見て分る?
6 音楽・映画に関係?
7 男女ともにある?
8 おかしな状態?
9 例えば、うどんの好きな人?(大笑声と拍手)例えないで、うどんの好きな人!(正解者・柴田)(注 1)
引用時の注
  1. NHK ラジオの番組「二十の扉」を記録したもの。第四問を除いて、第一問から第六問まで、同様に書いてあるが、ここでは、最も少ない質問で正解の出た第三問だけを引用した。他の問題については、質問の詳細を略して、ここに結果を記す。第一問、植物・ろうそくの芯、16 番目の質問で大下が正解。第二問、鉱物・ヒューズ、14 番目の質問で大下が正解。第五問、動物・おでん屋ののれんの下から出ている足、20 番目の質問まで正解が出なくて鐘。第六問、動物・パチンコ台の上から覗いている首、20 番目の質問で「のどから手が…じゃない」という発言があって、鐘。

0 件のコメント: