2013年9月7日土曜日

何と無造作に生命が…


高校(1 年生)時代の交換日記から

Ted: 1951 年 12 月 7 日(金)晴れ

 十二指腸虫が皮ふから入るとは思わなかった。ハワイ二世なんとかのチームが来日したのは今年だったかな? ハンドボールだったかな? しまった! バスケットボール・チームだったよ。保健体育ではこれだけを間違えた(これだけでも、相当な痛手になりそうだ)。
 生物は実習の先生が二題出した中の初めの、「つぎ木」についての問題の五つか六つの小問中、一つまたは二つが先生を満足させないような解答になった。
 明日は解析…。何だか精神的なものがからみついて来るぞ。
 午後二時。何をして明日を迎えたらよいのだ? 他のことで、あまり頭を使いたくないし…。

 祖父がロシア語の単語で覚えているのがあるかと聞いたので、紙に書き出してみたが、二十三、四しか出て来なかった。Г、Ю、И、Д などの文字があったっけ。

 何と無造作に生命がふっとばされたことだ。こっぱみじんにされ、ぼろぼろになり、ふくれあがり、倒れ、叫び、よろめき、逃げまどい、探し歩き、泣き合っている…。(注 1)
引用時の注
  1. 長田新・編『原爆の子:広島の少年少女のうったえ』(岩波、1951)を読んでの感想である。さる 9 月 5 日、アマゾンに古書として出ているこの本の紹介ページに、上記の感想を引用した短い書評を投稿しておいた。

0 件のコメント: